来年の年賀状はなんだかややこしい値段設定で要注意

年賀状を考える時期になりました。2018年の年賀状はいつもとちょっと違うので要注意です。なんと、1月7日までは52円で配達してくれるけど、1月8日になったら通常のはがきの値段、つまり62円になるというのです。

これ、絶対間違える人多そうですよ。年賀状自体は52円で販売されるわけです。で、2017年12月15日から2018年1月7日までは額面通り52円で配達します。でも、1月8日になったら、この額面52円の年賀はがきは料金不足になってしまうので、10円切手を追加で貼って出すと言うことですね。

混乱するのが目にみえてます。なにより、多めに年賀状買っちゃって、余ったら面倒なことになりそうです。懸賞などでそのまま年賀状使うにしても、いちいち10円切手を貼らないといけないし。窓口で普通はがきに交換して貰うのも、いつもより料金が多くかかりますし。なるべく余らないように年賀状購入するしかないですね。

年賀状はどうしてこんな面倒な料金なのか

日本郵便のホームページを見ましたが、理由はかかれていません。一応、1月7日夜中にポストに投函した分、1月8日最初に回収された年賀はがきは52円でOKとは説明されていましたけど。

ちなみに私製ハガキでも、年賀とはっきり表に印字されているものは、期間中は52円で配達してくれるそうです。ますます紛らわし(汗)

年賀状配達バイト

こんな面倒なことをするぐらいなら、はがき料金据え置きにするか、年賀はがきも同じ62円で配達するか、はっきりすればいいのにと思います。近年の年賀状離れで郵便局も大変なんでしょうね。

うちも年賀状なんてほんの数人にしか出しませんし。それでこんなややこしい料金設定してたら、これを機にいっそ年賀状出すのを完全にやめようかなんて思っちゃいますよ。

もともと年賀状って、そんなに由緒正しいしきたりではないみたいなんですよね。戦後ささいなきっかけで始まって、それが慣習化したようです。いい加減こんな慣習もやめどきなのかもしれません。