あの人は今、なにしてるんだろうなぁ ~初恋の人編~

「そういえば、あの人って何してるんだろう」なんて、思ったことありませんか。私はたった今、それを思いました。たまにテレビで見かける「あの人は今?」的な番組みたいに探せるわけもないし、正直、すごく会いたい!と願っている訳でもないので、当時のその人のことを想像しながら、その人は今どんな風に過ごしているのかを勝手に決めてみました。

今回は、初恋の「なっちゃん」(もちろん仮名)の今を考えてみました。なっちゃんを好きになったとき、私の代の親友もなっちゃんを好きでした。なっちゃんをめぐって相手に罵声を浴びせたり暴力をふるったりも日常茶飯事の日々でした。

ちなみに、その当時は幼稚園児の時でした。きっと幼稚園の先生は、そんなことで喧嘩してるんじゃないわよと思っていたに違いありません。さて、そんな風に思いを寄せられていたなっちゃんは、他の男の子にも人気でした。なぜかというと、すごく優しかったからです。なんとなくだけど覚えているのは、「ありがとー!」という言葉をたくさん言ってくれた気がします。

その後はみんな地域の同じ小学校に通うことになり、淡い淡い初恋もいつの日か、しっかりと色づき始めたのを覚えています。人生初の告白と失恋を迎えました。もちろん相手はなっちゃんです。

クラスのマドンナ的な存在というよりは、みんなに分け隔てなく接することのできる良い子という感じの女の子でした。小学6年生の卒業を控えたある日、意を決して、一階理科室の前に呼び出しました。

そしてフラれる

そしてすぐに「好きです」と伝えました。ちょっと困ったような顔になってしまったなっちゃんは「ありがとう。ごめんね」という言葉を突き付けられ、家で泣いたのを覚えています。それから中学校も同じでしたが、特に大きな接点をもつことのないまま、卒業し、それぞれの道を歩みました…。

さて、あの頃を思い出してなっちゃんは今、何をしているのでしょうか。ポイント1つ目は、「優しい」です。たしか中学校でも、みんなに優しい感じは変わらなかったので、それは性格であると判断づけます。ちゃんと「ありがとう」が言える人はコミュニケーション能力が高いので、おそらく事務職ではなく、対人関係が問われる職業についているとしましょう。

ポイント2つ目は、とても華奢なスタイルだったことです。ぜったい力仕事はできないでしょう。それよりかは、頭が良かった気がするので、ここでは頭脳を生かした職業についていることにしましょう。

ポイント3つ目は、なっちゃんのお母さんが保育士さんだったことです。これを基準に連想したら、決定打となってしまいますが、なっちゃんが保育士として働いているのはなんだかしっくりくるのです。ということで結論は、「優しい保育士として働いて過ごしている」です。

保育士募集

保存

保存